【エヴァSS】レイ「碇くんと一つになりたい」リツコ「え?!」【アスカ】

1 : 以下、名… – 2016/06/07 02:15:48.09 S1ZkYm4k0 1/24
ーーーー
ーー

リツコ「レイ、今日はもう上がっていいわよ」

レイ「はい」

リツコ「次回は明後日よ。それまで薬は処方通りに」コーヒーツカミ

レイ「はい」

レイ「………」

レイ「………」

リツコ「………? レイ、どうかしたの?」

レイ「………赤木博士。聞きたいことがあります」

リツコ「なに?めずらしいわね。いいわよ。言って御覧なさい」ズズッ

レイ「碇くんと一つになるにはどうすればいいんですか?」

リツコ「ブーーー?! ゴホッ! ゴホッ! え?! レ、レイあなた。今なんて?!」

2 : 以下、名… – 2016/06/07 02:17:22.90 S1ZkYm4k0 2/24
レイ「碇くんと一つになるにはどうすればいいんですか?」

リツコ「レ、レイ。い、碇くんって、碇シンジくんよね?」

レイ「はい。碇くんと一つになりたいんです」

リツコ「えぇ……。ちょっとあなた、それどういう意味か分かってるの?」

レイ「分かりません。でも碇くんといるとポカポカします」

レイ「それで碇くんと一つになるともっとポカポカできるって言っていたんです」

リツコ「誰がそんな事言っていたのよ……」

レイ「葛城1佐といる男の人が教えてくれました」

リツコ「ああ、成る程ね……はぁ……」

リツコ(加持くんね……何吹き込んでるのよ…)

レイ「それで赤木博士。一つなるって何ですか?どうやったら一つになれるんですか?」

3 : 以下、名… – 2016/06/07 02:18:10.20 S1ZkYm4k0 3/24
リツコ「えーと、そうねぇ……」

リツコ(どうしたもんかしら……………あ)

リツコ「レイ。碇司令に相談してみなさい。悪いけど私には分かりかねるわ」

レイ「碇司令……分かりました。ありがとうございます。失礼します」スタスタ

リツコ「ええ……また今度」

リツコ「…………」ズズッ

リツコ(……あの人なんて答えるのかしらね…….ふふっ…)

ーーーー
ーー司令室ーー

ゲンドウ「…….…」パチッ

冬月「……….」パチッ

ゲンドウ「………」パチッ

冬月「王手だ、碇」パチッ

ゲンドウ「………」

ゲンドウ「………冬月。一手待ってくれ」

冬月「駄目だ」

ゲンドウ「………冬月先生」

冬月「駄目だ」

ゲンドウ「…………」
4 : 以下、名… – 2016/06/07 02:18:58.76 S1ZkYm4k0 4/24
ガシュッ

レイ「失礼します」

ゲンドウ「レイか。どうした」メガネクイッ

レイ「碇司令。聞きたいことがあります」

ゲンドウ「何だ。言ってみろ」

レイ「碇くんと一つになるにはどうすればいいのですか?」

ゲンドウ「?!」ガタッ

冬月「?!」ガタッ

ゲンドウ「レ、レイ。今なんて言った….」

レイ「碇くんと一つになりたいんです。その内容と手段を教えて下さい、碇司令」

ゲンドウ「……………」

冬月「お、おい。碇。いったいどういう事なんだ」

ゲンドウ「……………」

ゲンドウ「….…冬月先生。後を頼みます」

ガシューン

冬月「お、おい!? 待て、碇!」

レイ「…………」

冬月「に、逃げおった。こんな時だけ先生呼びか……」
5 : 以下、名… – 2016/06/07 02:19:37.92 S1ZkYm4k0 5/24
レイ「………………」

冬月「……………」

レイ「冬月副司令、どうしたら碇くんと一つになれるのですか」

冬月「…….……….」

レイ「冬月副司令」

レイ「……………」

冬月「………….そ、そうだな。そういう事はもう少し若い者に聞いた方がいいぞ」

レイ「若い人……分かりました。ありがとうございます。では、失礼します」

ガシュッ

冬月「…….……ふぅ。全く碇の奴め」

冬月「……….…….」

冬月「ふっ…….………似ているな」
6 : 以下、名… – 2016/06/07 02:20:17.80 S1ZkYm4k0 6/24
ーーーー
ーー発令所ーー

レイ「すいません」

日向「ん? レイ? こんな所に珍らしいな」

青葉「何か用かい?」

レイ「聞きたいことがあるんです」

日向「何だい?」

レイ「碇くんと一つになるにはどうすればいいのですか?」

日向「え?!」

青葉「は?!」

レイ「碇くんと一つになりたいんです」

日向「一つにって……レイが…」

青葉「シンジくんと…一つに?」

レイ「はい」

日向「….……ち、ちょっと待ってくれ」

日向『お、おい。何なんだ。どうすればいいんだ?』ボソボソ

青葉『一つなるって………そういう事だよな…』ボソボソ

日向『下手な事言って、シンクロ率に影響でもしたら碇司令に何されるか……』

青葉『で、でもどうやって誤魔化すんだよ…』ボソボソ

マヤ「あら、レイ。どうしたの発令所まで来て?」

7 : 以下、名… – 2016/06/07 02:20:58.27 S1ZkYm4k0 7/24
日向・青葉「あ……」

レイ「今、日向2尉と青葉2尉に相談をしていたんです」

マヤ「相談?何の?」

レイ「碇くんと一つなる方法です」

マヤ「え?! れ、レイ?」

レイ「私、碇くんと一つになりたいんです。その方法を今、二人に考えてもらってます」

マヤ「な……………」プルプル

日向「マ、マヤ。違うんだ」

青葉「こ、これはレイが自分から….」

マヤ「……ふ、ふ、不潔!!」ガシャーン

日向「うわっ!マヤ、落ち着け!」

ギャーギャー

レイ「………………」

レイ「失礼しました」テクテク

8 : 以下、名… – 2016/06/07 02:21:59.84 S1ZkYm4k0 8/24
ーーーー
ーーーー

レイ「…………」テクテク

レイ(どうして聞くとみんな驚いたり焦ったり怒ったりするの?)

レイ(碇くんと一つになるのは……いけない事なの?)

レイ(……わからない)
マリ「ねー、ちょっと待ってよ姫ぇ」テクテク

アスカ「あーっもう! 着いてくんなコネメガネ!」テクテク

レイ「あ」

アスカ「げっ」

マリ「にゃ?」

9 : 以下、名… – 2016/06/07 02:23:02.94 S1ZkYm4k0 9/24
レイ「弐号機の人と……弐号機の人」

アスカ「ややこしいからその言い方やめて!」

マリ「そうだにゃ。姫って呼んであげるにゃ」

アスカ「あ゛?!」

マリ「にゃはは……」
10 : 以下、名… – 2016/06/07 02:23:48.23 S1ZkYm4k0 10/24
レイ「…………」ジー

アスカ「な、何よ……」

レイ「二人に……聞きたいことがある」

マリ「お、珍しい。どうしたどうした?」

レイ「――碇くんと一つになるにはどうすれば良いの?」

マリ「にゃ゛?!」

アスカ「ブーーー?!」

11 : 以下、名… – 2016/06/07 02:24:40.48 S1ZkYm4k0 11/24
アスカ「な、な、なな何を言ってんよ!?」

マリ「お、落ち着いて姫。多分聞き間違……」

レイ「碇くんと一つになりたい」

マリ「じゃなかったにゃ…」
12 : 以下、名… – 2016/06/07 02:25:39.03 S1ZkYm4k0 12/24
レイ「……皆どうして驚くの。いけない事なの?」

マリ「いや、いけない事というか……」

アスカ「あああああんたっ。ひひひ一つにっててっ」

マリ「だ、だから落ち着いて……」

レイ「弐号機の人。あなたは今まで聞いた誰よりも落ち着いているわ。誰かと一つになった経験があるの?」

マリ「えっ? うーん……」

アスカ「こ、コネメガネ?!」

マリ「……にゃはは。秘密で」

レイ「そう……残念」
13 : 以下、名… – 2016/06/07 02:26:51.67 S1ZkYm4k0 13/24
レイ「じゃあ、あなたは?」

アスカ「ふぇ?! あ、あたし?!」

レイ「……ないの?」

アスカ「ば、馬鹿にするんじゃないわよ! ああああるに決まってんでしょうが!」

マリ(絶対嘘にゃ)

レイ「そう……じゃあ教えて欲しい」

14 : 以下、名… – 2016/06/07 02:27:47.73 S1ZkYm4k0 14/24
アスカ「い、いいわよ! え、えーと。まままま、まずは裸になって胸を揉ませたり…」

マリ「姫……中学生並みの発想にゃ」

アスカ「あたしは中学生よっ!」

レイ「………ねぇ」

アスカ「何よっ!」

レイ「碇君に胸を揉まれた事ならあるわ。全裸の時に」

アスカ「」

マリ「」
15 : 以下、名… – 2016/06/07 02:28:41.99 S1ZkYm4k0 15/24
マリ「……えっと………えっ?」

レイ「全裸の時、碇君に胸を揉まれた」

マリ「マジ?」

レイ「ええ」

マリ「えぇ……」

アスカ「」
16 : 以下、名… – 2016/06/07 02:29:27.86 S1ZkYm4k0 16/24
マリ「ん? おーい、姫」

アスカ「」

マリ「ありゃりゃ……飛んでるわ」

レイ「……大丈夫?」

マリ「うーん大丈夫っしょ」

レイ「…….よくわからないけど、弐号機の人が倒れたのは私のせい?」

マリ「にゃはは…刺激が強過ぎたにゃ。まあとりあえず姫が起きる前に逃げた方がいいかも」

レイ「……分かった。ありがとう。さよなら」

マリ「ばいばーい」
17 : 以下、名… – 2016/06/07 02:30:33.81 S1ZkYm4k0 17/24
ーーーー
ーーーー

レイ「…………」トボトボ

レイ「一つなるって何……どうして教えてくれないの……」
カヲル「ふふふっ……」

レイ「……?」

レイ(あれは……フィフス? タブレットを見て笑ってるけど、何をしているの?)

カヲル「ふふっ………ん?」

レイ「…………」

カヲル「やぁ、君か」

レイ「何を……見てるの?」

カヲル「ん? これは――」
18 : 以下、名… – 2016/06/07 02:32:05.36 S1ZkYm4k0 18/24
ーーーー
ーーーー

アスカ「………ん……あれ?」

マリ「あ、おはよう。姫」

アスカ「あれ……あたし…………あ!!」

アスカ「え、えこひいきは?!」

マリ「ひ、姫。落ち着いて。多分あれは……」

アスカ「い、いや。シンジに聞いた方が早いわねっ!!」ピポパボ

マリ「話を聞いてにゃー」

アスカ「………」プルル

アスカ「……出なさいよっ!」

アスカ「ならっ……」ピポパボ

ミサト「はいはーい。アスカ?」

アスカ「ミサトっ! バカシンジはっ!」

ミサト「シンちゃんならレイの家に行ったわよー?」

アスカ「?!」
19 : 以下、名… – 2016/06/07 02:32:55.38 S1ZkYm4k0 19/24
ミサト「何アスカー、もしかして気に」ガチャンッ

アスカ「ええぇこひいぃきいいぃ!!」ダッ

マリ「姫?!」

ーーーー
ーー綾波の家

アスカ「はぁっ……はぁっ……着いたわ」

マリ「ひ、姫。速過ぎ……」

アスカ「えこひいきの好きにはさせないわよ……」

マリ「ちょっ、だから別にレイはそんなつもりじゃ………」

アスカ「……しっ。声がするわ……」

「あ、綾波。無理だよっ」

「だめ、碇くん。一つになるには必要な事なの。逃げないで」

アスカ「」
20 : 以下、名… – 2016/06/07 02:34:04.57 S1ZkYm4k0 20/24
「綾波なっ……あっあっ………ああっ!」

「シンジ君。頑張って」
マリ「な、何かフィフスもいるっぽいね……さ、三人で何を…」

アスカ「…」プルプル

マリ「あ……」

アスカ「えこひいきぃいぃ!!」バターン

シンジ「熱っ! 綾波、そこ鼻の穴だよっ! ハンペン鼻に入ってるっ!」

レイ「……難しい」

カヲル「二人羽織は呼吸の合わせ方が大事だよ」
アスカ「は?」
21 : 以下、名… – 2016/06/07 02:34:50.65 S1ZkYm4k0 21/24
シンジ「熱ちち……ん? あ、アスカとマリさん?」

レイ「弐号機の人と弐号機の人……」

マリ「やっほー」
アスカ「えっ、は? そ、その格好何?」

カヲル「これは伝統のオワライ。二人羽織さ」

アスカ「は?」

レイ「フィフスが教えてくれた……一つになることよ」

22 : 以下、名… – 2016/06/07 02:36:56.81 S1ZkYm4k0 22/24
ーーー
ー3時間前
カヲル「――――これはオワライさ」

レイ「オワライ?」

カヲル「知らないのかい? オワライはいいよ。心を潤してくれる。リリンの生み出した文化の極みだよ」

レイ「?」

カヲル「まあとりあえず見るかい?」スッ

レイ「………」

アチッアチチチ?!
ソコ、ハナダヨハナ!

レイ「……何してるの、これ」

カヲル「これは…二人羽織だね」

レイ「?」

カヲル「2人が同じ向きで前後になるよう座り、後ろになった方が羽織の袖から手だけを出し、前になった方が顔だけを出して羽織を着る。一方は手が使えるが前が見えず、もう一方は前が見えるが手が使えないんだ」

レイ「そう……」

23 : 以下、名… – 2016/06/07 02:37:46.16 S1ZkYm4k0 23/24
カヲル「こう見えても奥が深いんだよ。どちらも不自由な状態だからね。文字通り2人で1つになり、力を合わせないと」

レイ「……2人で1つに?」

カヲル「そう。ま、オワライの基本だよ」

レイ「オワライでは、2人で1つになるの?」ズイッ

カヲル「そ、そうだよ。協力が大事だからね。……ちょっと近いよ」

レイ「…………」

レイ「……そうだったのね。2人で1つ」

カヲル「?」

レイ「フィフス。一緒に来て」

カヲル「……オワライに興味を持ったのかな?」

カヲル「ふふっ……やっぱり僕と君は似ているね」
24 : 以下、名… – 2016/06/07 02:39:13.52 S1ZkYm4k0 24/24
ーーーー
ーーー

レイ「……ということ」

アスカ「そ、そうだったの」ホッ

マリ「あ、姫。ホッとしてる?」

アスカ「うっさいっ!」

シンジ「アスカ助けてよ。綾波とカヲル君がわけわかんないんだよ…。おでん熱いよ…うぅ」

アスカ「な、何よ。いい気味よバカシンジ!」

シンジ「えぇ……何がどうなってんの……」

マリ「にゃはは…」

カヲル「君ならできるよ。シンジ君」

シンジ「だから何がだよ……」

レイ「ポカポカする」

ーー完ーー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする