【エヴァSS】リツコ「シンジ君をエヴァ以外にもシンクロさせる技術」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2013/11/24(日) 08:05:19.17 0JxG699C0 1/21
リツコ「ついに完成したわ」

ミサト「なんの役に立つのよ、それ」

リツコ「そうね。例えばミサト。あなたのブラジャーにシンジ君を神経接続」ピッ

ミサト「え」

シンジ「ふぁ!?」

リツコ「こうする事によって、全身でミサトのバストを包んでいる感覚を得られるわ」

シンジ「ぁ…ぁ…」

ミサト「だからなんの役に立ってるのよ、それが」

10 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2013/11/24(日) 08:14:20.74 0JxG699C0 2/21
リツコ「まだこれの凄さが分かっていないようね、ミサト」

リツコ「シンジ君の全身だけでなく、部分的にシンクロさせることも可能なのよ?」

ミサト「それだとどう違うわけ?」

リツコ「モニタの映像を見て。別室に控えているレイ……彼女には飴を渡してあるわ」

リツコ「もちろん噛まずに舐めるよう指示済み―――シンクロスタート」ピッ

レイ『れろれろれろれろ』

シンジ「ひぁぁぁ!?」

リツコ「今、シンジ君の股間とレイが舐め回している飴が繋がっているのよ!」

ミサト「……」
25 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2013/11/24(日) 08:24:43.19 0JxG699C0 3/21
リツコ「丸ごと咥内で舐め溶かされる感触は、通常のフェラチオとは比較になら」

ミサト「うっさい! 結局なんなの? エロいことにしか使えないってわけ!?」

リツコ「はぁ……相変わらずせっかちね、ミサト。本領はこれからだというのに」

ミサト「はよ説明しなさい、その本領とやら」

リツコ「この装置の最大の利点。それは、多重シンクロ」

リツコ「レイの左のモニタを見なさい。別室に控えているマヤ」

ミサト「なんかアイス持ってるわね」

リツコ「もちろん噛まずに以下略―――多重シンクロスタート」ピッ

マヤ『ん、れろ、ンむ、ちゅぱっ……なんで先輩、こんなことさせるんだろ……ちゅぱっれろれろ』

レイ『れろれろれろれろ』

シンジ「いっ!? うあ、ふァァァう!?」

リツコ「どう!?ミサト。今回の装置では、シンジ君を複数の物体と神経接続させることすらできてしまう!!」

ミサト「帰る」
33 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2013/11/24(日) 08:33:28.61 0JxG699C0 4/21
ミサト「あー。頭いいやつの考えることってわけ分かんないわ」

アスカ「何の話よ」

ミサト「いや、うーん……ん? アスカ、その袋は?」

アスカ「安眠用にってリツコがくれたの。抱きまくらだって、バッカみたい」

ミサト「抱きまくら……まさかね」
51 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2013/11/24(日) 08:43:00.05 0JxG699C0 5/21
アスカ「おやすみー」

バタン

アスカ(袋から出すくらいしとくか…健康管理のためなら少しは使わないと文句言われそうだし)ガサガサ

アスカ「!」

アスカ(なによこれっ。このイラスト、バカシンジのつもり!? こ、こんなの使えってえの!?)

アスカ「…………」

ムギュ

シンジ「わっ」
57 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2013/11/24(日) 08:49:42.29 0JxG699C0 6/21
アスカ「ん……ぅ」ギュゥ

シンジ(な、なんだ? あったかくて柔らかいのが)

ブブブ

シンジ(メール。やっぱり、リツコさんからだ!)

<今、アスカに渡した抱きまくらとあなたを神経接続してるところよ。おやすみなさい

シンジ「なんで!??」

シンジ(じゃあこれって、この感触ってアスカの……!)
アスカ「ン、ハァ、ハァ……しんじ……」スリスリ
シンジ「ああああ」
60 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2013/11/24(日) 08:57:32.88 0JxG699C0 7/21
アスカ「ハァ、ハァ……なにしてんだろ、私……んんっ」グイ

シンジ(脚!? アスカの脚だよな。か、絡みついてきて……!)

アスカ「こんな…あからさまなの渡してくる、リツコが悪いのよ……」

アスカ「ちゅっ」

シンジ「ンムっ!?」

アスカ「ハァ、チュ、シンジぃ、ちゅっ、ん」

グリグリ、スリスリ

シンジ「ああアスカ、ぁぁぁぁぁぁ……!」
アスカ「……クー、クー……ンム……」ギュゥ

シンジ(うう、全然寝れない……)
61 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2013/11/24(日) 09:01:28.26 0JxG699C0 8/21
リツコ「昨日はお楽しみでしたね」

シンジ「そんなドラクエっぽく言われても誤魔化されません。人の身体で遊ばないでください!」

リツコ「科学に実験は付きものよ」

シンジ「人体実験じゃないですか……」

リツコ「……さっき、シンジ君以外のパイロットにはスーツに着替えるよう伝えさせたわ」

シンジ「それがどうかしたんですか?」

リツコ「シンクロスタート」ピッ

シンジ「はぅ!?」ビクッ
66 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2013/11/24(日) 09:11:44.48 0JxG699C0 9/21
リツコ「感じるかしら。それが、レイのプラグスーツとシンクロした感覚」

リツコ「今シンジ君は、レイの全身の肌に密着したのと同様の状態よ」

シンジ「ふわ……」

リツコ「次に、アスカのスーツ」ピッ

シンジ「ひゃふっ!」

リツコ「最後にマリ」ピッ

シンジ「んひぁぁぁぁぁぁ」

リツコ「……レイ、アスカ、マリとの同時密着はどう?シンジ君」

リツコ「彼女たちが動くたびにこすれて、僅かに彼女たちを圧迫して、全てが堪能できるでしょう?」

シンジ「う、うぅぁ、はひ、あっ!」ビクッビクッ

リツコ「あら、射精してしまったのね。まぁ無理もないわ、中学生ですもの」

シンジ「ハァ、ハァ」

リツコ「これからも協力してくれる気になったかしら」

シンジ「は……はひぃ」
74 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2013/11/24(日) 09:25:17.12 0JxG699C0 10/21
マリ「へぇ~。そりゃまた、すげー面白そうなことやってるんじゃん」

シンジ「真希波……」

リツコ「あなたならそう言うと思っていたわ」

マリ「んで、私はどんなことすればいいの? その為に呼び出したんだよね?」

リツコ「ええもちろん、依頼があるから話したの。そこに立てているボード」

マリ「ああ、あれ? さっき触ったら、なんかヌルヌルしてたんだけど」

リツコ「滑りをよくするために塗布した成分よ。清潔だし、塗り込めれば肌にもいいわ」

マリ「肌、ってことは―――」

リツコ「とりあえず、上半身は脱いでくれるかしら」
79 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2013/11/24(日) 09:34:40.42 0JxG699C0 11/21
マリ「はーい」プチ、プチ

シンジ「……」

マリ「お。ワンコ君、気になってる?」

シンジ「えっ、い、いや、ゴメン!」

マリ「そんな慌てて向こう見なくてもいいって。ほら、せっかくだし視覚的にも確認しときなよ」

フルン

マリ「これが、君とシンクロするあのボードにぐりぐりされる、おっぱい……OK?」

シンジ「……」ゴクン

リツコ「では、テスト開始」

マリ「おいしょっと。ひゃ、ちょい冷たっ」

ムニン

シンジ「!」

マリ「博士ー。今これ、ワンコ君のどこと神経接続してるの?」

リツコ「舌」
84 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2013/11/24(日) 09:39:15.35 0JxG699C0 12/21
リツコ「マリ。もう少し強く押し当ててみて」

マリ「了解……っと」ムニュゥン

シンジ「!!」

リツコ「軽く動いて」

マリ「ん、んしょ」

ムニュッムニ、グニュ

シンジ「ひひゃ……!」

リツコ「さて。ここからが今日のテストの核。部位接続と多重シンクロの応用を行います」

リツコ「舌とのシンクロを継続したまま―――右手ともシンクロスタート」ピッ

シンジ「あ!?」

リツコ「左手」ピッ

シンジ「い!?」
88 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2013/11/24(日) 09:43:58.84 0JxG699C0 13/21
リツコ「右頬。左頬。後頭部。胸。腹部。右脇。左脇。右足裏。左足裏。右大腿部。左大腿部……」

ムニムニムニムニ

シンジ「ふぁ、ぁ、ぁっ、ぁっ」

リツコ「股間!」

ムニュゥ

シンジ「ああぅっ!」
94 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2013/11/24(日) 09:53:55.74 0JxG699C0 14/21
リツコ「―――今、シンジ君は、身体中いたるところにマリのバストを押し当てられた状態と言えるわ」

シンジ「はへ……」

リツコ「マリ。好きに動いていいわよ」

マリ「はいよ。これホント面白いね……♪」

マリ「わーんこ君、とーろけーましょ」

ムニュン
ニュムゥ、ムニュ、グニュグニュ、ムニムニムニムニ

シンジ「うひはふぁひへぁぁぁぁぁぁぁぁ」

リツコ「ふう。ひとまず成功ね」

シンジ「ぁぁぁぁぁぁぁぁ」

シンジ(僕、ネルフに来てよかった……!)
95 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2013/11/24(日) 09:54:45.94 +QQVBiuW0 15/21
良かったなしんちゃん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする