【エヴァ・LRS】綾波レイ「碇司令。携帯電話を買ってください」SS

7 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(… – 2012/11/27 18:42:03.49 3n4jki2OP 1/100
ゲンドウ「……断る」

綾波「……分かりました」

冬月「待ちなさい、レイ。……碇、お前もだ」

11 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 18:44:43.82 3n4jki2OP 2/100
ゲンドウ「……なんだ」

冬月「なぜ、即座に断る。レイ、お前も諦めが早すぎる」

綾波「……」
ゲンドウ「しかし」

冬月「まぁ待て。まずはレイの言い分を聞いてからでもいいのではないか」

ゲンドウ「……」

冬月「良き上司とは、部下の言うことに耳を傾けるものだ」

ゲンドウ「……」

冬月「これはなにも上司と部下の関係に限ったことではなく、親と子でもだな」
ゲンドウ「……よかろう、レイ、お前の話を聞こう」

冬月「うむ」

15 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 18:48:08.08 3n4jki2OP 3/100
綾波「……」

冬月「レイ、なぜ携帯電話を欲しいと思ったのか、正直に話してみなさい」

綾波「……」

綾波「……みんなが、持っているから」
ゲンドウ「……理由が弱いな」

冬月「ふむ……まぁそれはたしかに」

綾波「……」
冬月「その、みんなとは、具体的に言うと誰なのだ」

綾波「……」

綾波「クラスの人、NERVの人、弐号機の人」

16 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 18:50:16.84 3n4jki2OP 4/100
綾波「……それと」

冬月「それと?」

綾波「……碇、君が」
冬月「……」

綾波「……」

ゲンドウ「……」
冬月「なるほど」

ゲンドウ「却下だ」

冬月「待て、碇」
綾波「わかりました」

冬月「レイ、お前もだ」

18 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 18:52:35.42 3n4jki2OP 5/100
冬月「本当に欲しいと思ったのなら、ちゃんと主張しなさい」

綾波「……」
冬月「……碇」

ゲンドウ「……なんだ」

冬月「今度は、お前がなぜレイの希望を無下にするのかを聞こうか」

ゲンドウ「……」
冬月「……」

ゲンドウ「……」

冬月「碇」

ゲンドウ「……中学生、だからだ」

20 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 18:54:46.90 3n4jki2OP 6/100
冬月「ふむ……しかし、クラスメイトは皆、持っているのだろう?」

綾波「はい」

冬月「碇、お前の息子だって持っている」

ゲンドウ「……」

冬月「時代は今、そういうものなのだよ。中学生だから、というのは理由にならんな」

ゲンドウ「……」

綾波「……」
ゲンドウ「……よそはよそ、うちはうち……」

冬月「碇」

ゲンドウ「……」

冬月「……」

ゲンドウ「……写真を、撮るだろう」

冬月「写真?」

22 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 18:58:04.35 3n4jki2OP 7/100
冬月「写メール、というやつか。別にいいだろう、それくらい」

ゲンドウ「……普通のものではない」

冬月「普通のものではない写メールとはなんだ」

ゲンドウ「……」

冬月「……」

ゲンドウ「……いかがわしいものだ」

冬月「なるほど、自画撮りの猥褻画像の心配をしているのか」

ゲンドウ「ああ」
綾波「……」

25 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:00:14.50 3n4jki2OP 8/100
冬月「しかしだな。レイがそのような画像を撮ると思うか?」

ゲンドウ「……若気の至り、というものもある」

冬月「なるほど。レイ、そのようなことはしないと誓えるか」

綾波「……」

冬月「レイ?」

綾波「自画撮りの猥褻画像、とはなんですか」

冬月「……」

綾波「……」

冬月「自らの裸体を、携帯電話に付属されたカメラで収めることだ」

綾波「……」

冬月「レイ?」

27 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:02:30.92 3n4jki2OP 9/100
綾波「その行為によって、私はなんらかの利益を得ることがありますか」

冬月「……お前は知らんが、性的興奮を覚える輩はいるようだな」

綾波「……」

冬月「……」
綾波「私は、自画撮りの猥褻画像を、携帯電話に付属されたカメラで収めないことを誓えます」

冬月「だそうだが?」

ゲンドウ「……レイにその気はなくても、周囲の人間は分からない」
冬月「周囲の人間……?」

ゲンドウ「……猥褻画像を送れ、と懇願してくる人間がいるかもしれない」

冬月「いないだろう。それにレイはお前の息子と……」

28 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:04:42.76 3n4jki2OP 10/100
冬月「……」

ゲンドウ「……」

冬月「まさか、碇。お前、ユイ君に―――」
ゲンドウ「レイ」

綾波「はい」

ゲンドウ「携帯電話の購入を許可しよう」

綾波「ありがとうございます」

ゲンドウ「職員の者を手配する。ショップへ同行させろ」

綾波「わかりました。失礼します」

34 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:06:55.99 3n4jki2OP 11/100
冬月「……」

ゲンドウ「……」
冬月「なぜ突然、購入を許可した」

ゲンドウ「……メリットがあると考えたからだ」

冬月「というと?」

ゲンドウ「定時連絡、緊急連絡時の使用。GPSによる場所把握などだ」

冬月「なるほど。それ故に携帯電話を持たせる親も多いと聞くから納得だ」

ゲンドウ「ああ……」

38 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:09:09.43 3n4jki2OP 12/100
冬月「碇」

ゲンドウ「……なんだ」

冬月「その理由でレイに購入を許可したと、神に誓って言えるか?」

ゲンドウ「……」

冬月「もしやと思うが、話を終わらせるために慌てて」
ゲンドウ「―――私は神など認めない」

冬月「……」

ゲンドウ「……」

冬月「そうだったな」

ゲンドウ「ああ」

41 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:11:16.92 3n4jki2OP 13/100
綾波「碇君」

シンジ「綾波、どうかしたの?」

綾波「……NERVに行くのね」

シンジ「うん。テストがあるから。綾波もだよね」

綾波「ええ」

シンジ「それじゃ、一緒に行こうか」

綾波「ええ」
綾波「……」

シンジ「……」

43 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:13:24.22 3n4jki2OP 14/100
シンジ「でも、珍しいね」

綾波「……?」

シンジ「あっ、ほら、綾波の方からさ、話しかけてきてくれるの」

綾波「……」

シンジ「用がある時は違うけど、こういう時にって、あんまりなかったから」

綾波「……迷惑?」

シンジ「ううん! そんなことないよ! むしろ嬉しいっていうか、その」

綾波「……」

シンジ「うん……その、嬉しかったんだ」

綾波「……そう」

44 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:15:47.42 3n4jki2OP 15/100
綾波「……」

シンジ「……」

綾波「……」

シンジ「……」
綾波「碇君―――」

シンジ「綾波は―――」
綾波「……ごめんなさい」

シンジ「う、ううん! こっちこそ、ごめん……」

綾波「……」

シンジ「……」

48 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:18:29.34 3n4jki2OP 16/100
シンジ「……それで、なんだったの?」

綾波「え?」

シンジ「いや、ほら、なにか言いかけてたから」

綾波「……」

シンジ「……?」

綾波「……碇君は、なんて言おうとしたの?」

シンジ「え、僕?」

綾波「……」

シンジ「僕は、くだらないことだよ。他愛ないこと」

綾波「……」

シンジ「だからさ、綾波の話を聞かせてよ」

49 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:20:38.28 3n4jki2OP 17/100
綾波「……駄目」

シンジ「え?」

綾波「くだらないことでも、いいの。話を聞かせて」

シンジ「綾波……」

綾波「……駄目?」

シンジ「そんなことないよ、でも、本当に大した話じゃなくてさ」

綾波「……」

シンジ「セカンドインパクトでさ、日本の気候は夏だけになったでしょ」

綾波「ええ」

シンジ「もしも冬があったなら、綾波は……なんていうか、とても、その、冬に似合いそうだなって思ったんだ」

50 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:22:41.09 3n4jki2OP 18/100
綾波「私は、冬に似合う?」

シンジ「うん。本当に、なんとなくそう思っただけなんだけど」

綾波「……」

シンジ「ごめんね、変な話しちゃって」

綾波「いいえ。碇君の話、もっと聞きたいわ」

シンジ「……そうなの?」

綾波「ええ」

シンジ「そっか……」

綾波「……」

52 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:24:44.13 3n4jki2OP 19/100
シンジ「それで、綾波はなんの話だったの?」

綾波「……」

シンジ「……綾波?」

綾波「……」

シンジ「……」

綾波「……携帯」

シンジ「え?」

綾波「携帯電話を買ったの」

シンジ「へぇ、そうなんだ」

綾波「……」

53 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:26:48.73 3n4jki2OP 20/100
シンジ「どういうのを買ったの?」

綾波「……これ」ゴソゴソ

シンジ「わっ、凄いや。最新のやつだね」

綾波「……そうなの?」

シンジ「うん、ほら、僕のやつはだいぶ古いんだ。数年前のやつだから」

綾波「……そう」

シンジ「でも、綾波が携帯電話を持つって、ちょっと意外だな」

綾波「……」

シンジ「あ、なんか失礼だったね。ごめん」

綾波「いいえ」

54 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:28:59.26 3n4jki2OP 21/100
シンジ「でも、どうして携帯電話を買ったの?」

綾波「……」

シンジ「……」

綾波「……」

シンジ「綾波?」

綾波「……定時連絡」

シンジ「定時連絡?」

綾波「定時連絡をするために」

シンジ「そうなんだ。でも、定時には家に戻ってるから家電でいいんじゃないの?」

綾波「……緊急連絡も、出来るから」

シンジ「そっか。父さんたちも心配性だなぁ」

55 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:31:27.21 3n4jki2OP 22/100
綾波「……」

冬月『レイ、お前はもしかして碇の息子のために携帯電話が欲しいのか』

綾波『……』

冬月『安心しろ。碇にはなにも言わん』

綾波『……クラスの人が、携帯電話を使って連絡を取っていると』

冬月『電話や、メールなどだな』

綾波『親密な人は、そうすると』

冬月『ふむ、まぁ今時の若いものなら当たり前のコミュニケーションだろうな』

綾波『だから、私も……』

冬月『なるほど』

58 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:33:55.00 3n4jki2OP 23/100
綾波「……」

冬月『好きにするといい』

綾波『はい、しかし……』

冬月『なんだ?』

綾波『私は、碇君の連絡先を知りません』

冬月『それは問題ない』

綾波『なぜですか』

冬月『碇の息子も、お前のことを憎からず思っている。携帯電話を買ったといえば、碇の息子の方から尋ねてくるだろう』

綾波『……』
綾波『……』

60 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:36:11.63 3n4jki2OP 24/100
シンジ「でも、そうだね。携帯電話は便利だもんね」

綾波「……」

シンジ「最初はとっつきにくいところもあるかもしれないけど、すぐに生活の必需品になるよ」

綾波「……」

シンジ「僕も、最初は持ち歩くのも煩わしいとさえ思っていたんだけど」

綾波「……」

シンジ「今では、ないと不安になるくらいだよ」
綾波「……」

シンジ「……綾波?」

綾波「碇君」

シンジ「うん」

綾波「私、携帯電話を買ったの」

シンジ「…………うん、知ってるけど」

63 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:38:23.53 3n4jki2OP 25/100
シンジ「……」

綾波「……」

シンジ「……」

綾波「……碇君」

シンジ「う、うん」

綾波「私、携帯電話を買ったの」

シンジ「……知ってるよ」
綾波「……」

シンジ「……」

綾波「……私、携帯電話を」

シンジ「―――どうしちゃったんだよ、綾波!!」

66 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:41:01.84 3n4jki2OP 26/100
綾波「……」

シンジ「ど、どこか体の調子でも悪いの!?」

綾波「いいえ」

シンジ「熱があるとか」

綾波「いいえ」

シンジ「じゃあ、どうしてなんだよ!」
綾波「……」

シンジ「……」

綾波「……」

シンジ「……」

綾波「……私、携帯電話を」
シンジ「―――綾波ぃ!!」ガシィ

71 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:43:50.38 3n4jki2OP 27/100
アスカ「ちょ、ちょ、ちょっと往来の場でなにやってんのよバカシンジ!!」
シンジ「あ、アスカ! 助けてよ! 綾波がなんか変なんだ!!」

アスカ「はぁ!? ファーストが変なのはいつものことでしょ!?」

シンジ「そういうことじゃなくて、なんか……とにかく、変なんだ!!」

アスカ「変なのはアンタの方だと思うけど……」
綾波「……」

アスカ「で、そこんとこどうなの、ファースト」

綾波「……特に変わりないわ」

アスカ「でしょうねぇ」

綾波「……」

72 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:46:12.77 3n4jki2OP 28/100
アスカ「あれ、その手に持ってるのってなに?」

綾波「……携帯電話。買ったの」

アスカ「へぇー。ファーストもちょっとは現代人っぽくなったじゃない!」

綾波「……」

アスカ「ま、せっかくだからこのアスカ様がアドレスの交換してあげるわ。やり方わかる?」

綾波「問題ないわ。説明書は全部読んだから」

アスカ「うげっ、あれを全部? そういうとこが変なのよねー……」

綾波「……」

アスカ「じゃあ、赤外線、ほら」

綾波「ええ」
アスカ「……」ピピッ

綾波「……」ピピッ

74 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:48:24.43 3n4jki2OP 29/100
アスカ「ん、よし。ちゃんと登録しておきなさいよね」

綾波「ええ」

アスカ「じゃ、私は先に行くけど、あんたたちもさっさと来なさいよ。ぱぱっと終わらせてすぐ帰りたいんだから」

綾波「ええ」

シンジ「あ、うん……」
アスカ「ふんふふーん♪」スタスタ
綾波「……」

シンジ「……」

綾波「……」

シンジ「……」

77 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:50:34.20 3n4jki2OP 30/100
シンジ「……えっと」

綾波「……」

シンジ「あ、そうだ、綾波。僕もアドレスのこうか―――」

綾波「―――かまわないわ」

シンジ「……そ、そっか。じゃあ交換しよう」

綾波「ええ」
シンジ「……」ピピッ

綾波「……」ピピッ

78 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:53:10.05 3n4jki2OP 31/100
シンジ「うん、これで大丈夫みたいだね」

綾波「ええ」

シンジ「……綾波のアドレスが携帯にあるって、ちょっと変な気分だな」

綾波「……」

シンジ「もちろん嫌ってことじゃなくて、その」

綾波「嬉しい?」

シンジ「……そうだね。今日は嬉しいことがいっぱいみたいだ」

綾波「……そう」

シンジ「綾波は、どうかな」

綾波「……よくわからないわ」

シンジ「そっか」

綾波「ごめんなさい」

79 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:55:18.00 3n4jki2OP 32/100
綾波「碇君」

シンジ「……?」

綾波「今日、送ってもいい?」

シンジ「え?」

綾波「メール」

シンジ「ああ、うん、全然構わないよ!」

綾波「そう」

シンジ「うん、楽しみにしてる」

綾波「……ええ」

シンジ「……」テクテク

綾波「……」テクテク

81 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:57:26.53 3n4jki2OP 33/100
綾波「……」

綾波「……」

綾波「……碇君に、メール」
綾波「……」ピッ

綾波「……」

綾波「……碇君の、アドレス」
綾波「……」ピタ

綾波「……」

綾波「…………送る内容が、分からない」

85 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 19:59:43.49 3n4jki2OP 34/100
綾波「……」

綾波「……」

綾波「……!」

綾波「説明書……」
綾波「……」ペラ

綾波「メール、送る内容」

綾波「……」

綾波「…………載ってない」
綾波「……」

綾波「なぜ」

綾波「……」

綾波「……不良品?」

87 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:03:02.19 3n4jki2OP 35/100
シンジ「……そういえば綾波、後でメール送るって言ってたな……」

シンジ「……」

シンジ「……」ソワソワ
シンジ「……」

シンジ「……」

シンジ「……!!」ブルブル
シンジ「来た!」

シンジ「内容は……」

『       』

シンジ「……か、空メール?」

88 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:05:14.70 3n4jki2OP 36/100
綾波「……!」ブルブル

綾波「……碇君から、返信」

綾波「……」ピッ

綾波「……」

『あ、綾波?』

綾波「……」

綾波「……?」

綾波「……」

綾波「返信」

『なに』

89 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:07:55.64 3n4jki2OP 37/100
綾波「……!」ブルブル

綾波「碇君、メールを打つのが早いのね」

綾波「……」

『いや、空メールだったから』

綾波「……」

綾波「空メールとは、なに」

綾波「……」

綾波「説明書……」
綾波「……」

綾波「……載ってない」

綾波「……不良品」

90 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:11:15.83 3n4jki2OP 38/100
『空メールとは、なに』
綾波「直接聞けば、いいのね」

綾波「……」

綾波「……」

綾波「……」

綾波「……!」ブルブル
『なにも書いてないメールのことだよ』
綾波「……そう、あれが空メール」

綾波「……」

綾波「……」

綾波「覚えたわ」

92 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:13:48.12 3n4jki2OP 39/100
シンジ「そっか、綾波は空メールを知らなかったんだ」

シンジ「……」

シンジ「実は嫌われてる? とか思っちゃった……」

シンジ「……」

シンジ「……!」ブルブル

シンジ「来た!」

『        』

シンジ「え」

シンジ「また……?」

93 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:15:59.56 3n4jki2OP 40/100
シンジ「なんだろ、これ」

シンジ「嫌がらせ……な訳ないよね」

シンジ「きっと、なにか意味が……」

シンジ「でも、そんなの分からないよ」

シンジ「どうすれば……」

シンジ「……!」ブルブル

シンジ「また、綾波から……三通も?」

『      』

『      』

『      』

シンジ「なんだよ……なんなんだよ!」

95 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:18:18.33 3n4jki2OP 41/100
『どうしちゃったんだよ、綾波!』
『なに』
『なに、じゃないよ! どうして空メールばっかり送るのさ!』
『いけない?』
『え……そ、そうだね。空メールは迷惑メールの一つだから』
『迷惑メール』
『うん』

100 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:21:07.93 3n4jki2OP 42/100
綾波「迷惑メール」

綾波「それは、説明書に載っていたはず」
綾波「……」ペラ

綾波「……迷惑メール」

綾波「……」

綾波「……それは、嫌がらせのメール」

綾波「……それは、とてもよくないこと」

綾波「……」

綾波「碇君に、迷惑をかけてしまった」
綾波「……」

101 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:23:23.56 3n4jki2OP 43/100
『ごめんなさい』
『あ、もしかして知らなかったの? それなら別にいいんだ』
『ごめんなさい』
『うん、気にしてないから』
『ごめんなさい』
『綾波』
『ごめんなさい』
『綾波!!』

107 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:32:20.96 3n4jki2OP 44/100
『なに』
『連投はよくないよ!』
『連投』
『同じ文章を何度も送ることだよ!』
『連投、覚えたわ』
『う、うん、これからは気をつけてくれると嬉しいな』
『わかった』

109 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:35:29.02 3n4jki2OP 45/100
『携帯電話には慣れた?』
『ええ』
『そういえば、説明書も全部読んだって言ってたもんね』
『ええ』
『すごいね、僕はなにか分からない時にたまに開く程度だよ』
『そう』
『色々な機能があるでしょ?』
『ええ』

111 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:37:35.77 3n4jki2OP 46/100
『でも、中には全く使わない機能もあるよね』
『ええ』
『その機能をなくして、もうちょっと安くしてくれればいいのにって思っちゃうんだ』
『そう』
『でも、きっと僕が使わない機能を便利に思っている人がいるんだよね』
『ええ』
『僕がそう思うからって、なくなればって考えるのは、自分勝手かな』
『わからないわ』

113 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:40:21.27 3n4jki2OP 47/100
『誰かにとって必要なものは、誰かにとって不必要なんだって考えると、ちょっと怖いよね』
『碇君』
『なに?』
『もう寝るから』
『あ、そうだね。もう遅いしね』
『おやすみなさい』
『おやすみ、綾波』

118 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:43:10.43 3n4jki2OP 48/100
シンジ「なにか失礼なこと言ったかな」

シンジ「ちょっと強めに注意しちゃったし」

シンジ「でも、綾波っていつもこんな感じな気もするし」
シンジ「……」

シンジ「うう……胸がモヤモヤする」

シンジ「……」

シンジ「明日、学校で会う綾波は普通かな」

シンジ「なにも変わってないといいけど」

シンジ「……」

シンジ「……もう寝よう」
シンジ「…………」スゥ

119 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:45:26.60 3n4jki2OP 49/100
綾波「メール」

綾波「初めてのメール」

綾波「碇君とのメール」

綾波「……」

綾波「碇君は、嬉しい?」

綾波「……」

綾波「……私は、よくわからない」

綾波「……」

綾波「もう寝ないと」

綾波「……」
綾波「…………」

124 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:47:51.27 3n4jki2OP 50/100
プルルル
綾波「!」ガバッ

綾波「メール……」

綾波「……ではない」

綾波「電話」

綾波「……碇司令?」
綾波「……」ピッ

綾波「もしもし」
『…………』
綾波「碇司令ですか」

128 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:50:11.11 3n4jki2OP 51/100
『ああ』
綾波「なんですか」
『……』
綾波「……」
『レイ』
綾波「はい」
『携帯電話の調子はどうだ』

130 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:52:41.81 3n4jki2OP 52/100
綾波「好調です」
『そうか』
綾波「はい」
『……』
綾波「……」
『……シンジ』
綾波「はい」
『シンジと連絡を取り合っているのか』

134 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:54:49.83 3n4jki2OP 53/100
綾波「はい」
『そうか』
綾波「はい」
『……調子はどうだ?』
綾波「……」
『……』
綾波「……よく、わかりません」
『……そうか』
綾波「はい」

136 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 20:57:28.56 3n4jki2OP 54/100
『……シンジに』
綾波「はい」
『シンジにも、新しい携帯電話を……』
綾波「……」
『……』
綾波「碇司令?」
『切るぞ』

綾波「……はい」プツッ

138 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:00:05.63 3n4jki2OP 55/100
綾波「……?」
綾波「……携帯電話」

綾波「メールだけではない」

綾波「電話」

綾波「会話も、出来る……」
綾波「必要は、ある?」

綾波「分からない……」

綾波「……」

綾波「……もう、寝ないと」

綾波「…………」

139 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:02:28.71 3n4jki2OP 56/100
ヒカリ「……♪」
アスカ「なに、ニヤニヤしてんのよ!」スパン

ヒカリ「痛い!」

アスカ「馬鹿面しちゃってみっともない」

ヒカリ「酷いよ、アスカぁ……」

アスカ「で、なになに。なんで浮かれてるの?」

ヒカリ「浮かれてるって、別にそういう訳じゃないけど……」

アスカ「じゃあ、なによ」

ヒカリ「その、ちょっと思い出し笑い? っていうのかな、そんな感じ」

アスカ「あ、なーんか嫌なよかーん」

141 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:05:21.69 3n4jki2OP 57/100
ヒカリ「なにそれ」

アスカ「どうせ『スズハラガー』とか言い出すんでしょ?」

ヒカリ「わ、ちょっと声が大きいよ!!」ガバッ

アスカ「痛い痛い! 分かったから手を離して!」

ヒカリ「アスカは、ホントにもう……」
アスカ「でも、そうなんでしょ」

ヒカリ「う、うーん、まぁそうかな? そうなのかも」

アスカ「もったいぶらない!」

ヒカリ「わ、わぁ、そうです! その通りです!」

アスカ「やっぱり……」

144 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:08:31.99 3n4jki2OP 58/100
アスカ「で、なにがあったの」

ヒカリ「昨日ね、勉強して、もうそろそろ寝ようって思ってたらね」

アスカ「うんうん」

ヒカリ「鈴原から、電話があって」

アスカ「おおー」

ヒカリ「どうしたの? って聞いたの」

アスカ「うん」

ヒカリ「『別に用はないんやけど』って」

アスカ「……」

ヒカリ「用もないのに電話してくるんだ、って言ったらさ」

アスカ「……」

ヒカリ「『用がなかったら電話しちゃあかんか?』って」

148 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:11:30.69 3n4jki2OP 59/100
ヒカリ「ほんと、それだけでさ」

アスカ「……」

ヒカリ「その後は、特になにも言わずに、おやすみって言っただけなんだけど」

アスカ「……」

ヒカリ「どういうつもりだったのかなって」

アスカ「……」

ヒカリ「考えてたら、いつの間にかに寝ちゃってて」

アスカ「……」

ヒカリ「で、朝になって、学校に来たのはいいんだけど」

アスカ「……」

ヒカリ「なんか今も、鈴原からの電話を耳に当てている感触がね、離れなくて」

151 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:14:02.53 3n4jki2OP 60/100
ヒカリ「ふふふ、それだけ」

アスカ「……」

ヒカリ「……アスカ?」

アスカ「鈴原は……まだ登校してきてないわよね」

ヒカリ「え? う、うん、まだみたいね」

アスカ「良かった……」

ヒカリ「どうして?」

アスカ「顔見たら、ぶん殴っちゃいそうだから」

ヒカリ「どうして!?」

152 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:16:37.80 3n4jki2OP 61/100
ヒカリ「やめてよ、アスカ! 酷いよ!」

アスカ「私がうけた精神ダメージは一発分の拳をはるかに超えているわよ」

ヒカリ「自分で聞いてきたんじゃない」

アスカ「こんなに堂々と惚気られるとは思わなかったわ」

ヒカリ「惚気って……私は別に、そんな……」

アスカ「これが惚気じゃなかったらなんなのよ?」

ヒカリ「うう……どうせ否定しても認めてくれないんでしょ……惚気でいいよ、もう……」

アスカ「朝から胃がもたれそうだわ、まったく」

綾波「…………」

155 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:19:17.52 3n4jki2OP 62/100
綾波「……」
ヒカリ「わっ!」

アスカ「ファ、ファースト!? いつからそこに!?」
綾波「……」

アスカ「な、なによ、なんとか言いなさいよ!」

綾波「……」

アスカ「……?」
綾波「……電話」

ヒカリ「え?」

綾波「あなたは、電話をしているのね」

158 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:21:39.91 3n4jki2OP 63/100
ヒカリ「う、うん、してる、かな」

綾波「なぜ」

ヒカリ「……え?」

綾波「なぜ電話をするの」

ヒカリ「なぜって」
綾波「用がないのに、なぜ電話をするの」

綾波「用がないのに、なぜ電話をされて嬉しそうなの」

綾波「用がないのに……」

綾波「わからない」
綾波「…………」

159 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:24:03.51 3n4jki2OP 64/100
アスカ「ふん、この色ボケちゃんの考えてることなんて、ファーストには一生わかりっこないわよ」

ヒカリ「あ、アスカ!」

綾波「……私には、一生、分からない」
アスカ「……」

ヒカリ「……」

綾波「……」
アスカ「…………ま、そうね、最近のアンタなら、分かんないでもないかもね」

ヒカリ「……!」

綾波「……」

160 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:27:04.67 3n4jki2OP 65/100
アスカ「してみたらいいじゃない、電話」

綾波「……」

アスカ「やってみて初めて気付くこともあるわよ」

綾波「……」

アスカ「少女よ、大志を抱けってね」

綾波「……そう」

綾波「……」

綾波「……」スタスタ

ヒカリ「アスカ、それ、なんか色々違う……」

アスカ「語感が伝わればいいの!」

162 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:29:41.57 3n4jki2OP 66/100
ヒカリ「でも、ビックリしたなぁ。綾波さんから話しかけてくるなんて」

アスカ「そうねぇ」

ヒカリ「電話、なんで気になったんだろ?」

アスカ「……アイツ、最近、携帯電話を買ったのよ」

ヒカリ「え、そうなの!?」

アスカ「ええ」

ヒカリ「へー、そうなんだ、意外って言ったら悪いけど」

アスカ「意外よ。驚天動地。青天の霹靂ね」

ヒカリ「言い過ぎだよー」

アスカ「だって、そうじゃない」

164 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:32:18.69 3n4jki2OP 67/100
ヒカリ「でも、そっか、綾波さんが……」

アスカ「……」

ヒカリ「ね、私、綾波さんにアドレス聞いてもいいと思う?」

アスカ「そんなの、好きにしたらいいじゃない」

ヒカリ「えー」

アスカ「なんなら、私が教えてあげるわよ」

ヒカリ「えっ、アスカは知ってるんだ」

アスカ「ま、ね」

ヒカリ「へー、そうなんだ~」

アスカ「ニヤニヤすなっ!」ポカッ

ヒカリ「いたっ」

167 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:34:56.94 3n4jki2OP 68/100
アスカ「で、どうすんの、ホラ」

ヒカリ「駄目だよ、自分で聞くもん」

アスカ「そうなの? なんで?」

ヒカリ「コミュニケーションって、そういうものでしょ?」

アスカ「ふぅん」

ヒカリ「自分から行動しないと、ね」

アスカ「あっそ。好きにしなさいよ」

ヒカリ「ふふっ、好きにするわ」

ヒカリ「―――ねぇ、綾波さん!」

168 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:37:07.30 3n4jki2OP 69/100
シンジ「もうすぐ六時か……」

シンジ「ちょっと遅くなっちゃったな」

シンジ「早く帰ってご飯作らないと」

シンジ「アスカに、怒られるし……」
シンジ「……!」ブルブル

シンジ「電話だ……」
シンジ「誰だろ」

シンジ「……綾波!?」ピッ

177 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:57:08.79 3n4jki2OP 70/100
シンジ「も、もしもし?」
『……』
シンジ「綾波、だよね?」
『……』
シンジ「どうしたの?」
『……』
シンジ「……綾波?」

180 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 21:59:45.69 3n4jki2OP 71/100
『綾波レイ。午後4時半帰宅。午後六時現在、自宅にて待機中』
シンジ「……!?」
『作戦指示がなければ、このまま自宅にて待機を続行する』
シンジ「……」
『……』
シンジ「えっと……」
『……』
シンジ「それって、定時連絡……?」

184 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:03:32.68 3n4jki2OP 72/100
シンジ「もしかしてなんだけど……」
『……』
シンジ「電話番号、間違ってないかな……?」
『……』
シンジ「……」
『……あなたは、碇君』
シンジ「あ、うん、碇シンジです」
『……間違ってないわ』
シンジ「……そ、そうなんだ」

188 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:06:18.03 3n4jki2OP 73/100
『……電話、切るわ』
シンジ「えっと、うん、じゃあ、さよなら」プツッ
シンジ「……なんだったんだろ、今の」

189 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:08:31.43 3n4jki2OP 74/100
綾波「……」
綾波「電話」

綾波「用のない、電話」
綾波「……」
綾波「碇君は、嬉しい?」

綾波「……」

綾波「……」
綾波「…………」

194 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:11:39.16 3n4jki2OP 75/100
アスカ「シンジー」

シンジ「なに?」

アスカ「ご飯、まだ?」

シンジ「今、作り始めるところだけど」

アスカ「えー」

シンジ「えーって……まだ夕方だよ」

アスカ「今日の私は特別お腹が減ったの!!」

シンジ「そんなの知らないよ……」

アスカ「それくらい把握しなさいよ、このバカ」

シンジ「無茶言わないでよ」

196 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:14:24.41 3n4jki2OP 76/100
シンジ「……」ソワソワ

アスカ「……?」

シンジ「……」
アスカ「……なにソワソワしてんの?」

シンジ「あ、うん、そろそろ時間だから」

アスカ「時間……?」
シンジ「……!」ブルブル

シンジ「あ、もしもし」ピッ
アスカ「……?」

199 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:16:56.75 3n4jki2OP 77/100
シンジ「うん、いつも御苦労さま」

アスカ「……」

シンジ「うん、それじゃあね」ピッ

アスカ「……」

シンジ「じゃあ、ご飯、作るね」

アスカ「……いや、待ちなさいよ」
シンジ「え?」

アスカ「今のなによ」

シンジ「電話のこと?」

アスカ「そうに決まってるでしょ」

200 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:19:31.71 3n4jki2OP 78/100
シンジ「ああ、綾波からの定時連絡」

アスカ「なんだファースト……って、え、なに?」

シンジ「だから、定時連絡」

アスカ「はぁ!? なんで定時連絡がバカシンジの携帯に来るのよ!」

シンジ「知らないけど、なんかそういうことみたい」

アスカ「……!? それをあんたはNERVに報告するの!?」

シンジ「しないけど……」

アスカ「じゃあ、なんの意味があるのよ!」

シンジ「ごめん、正直、僕にもわかんない……」

アスカ「なに、それ……」

203 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:22:37.17 3n4jki2OP 79/100
シンジ「もしかしたら、携帯電話を使ってみたいだけなのかも」

アスカ「……」

シンジ「それならさ、僕が相手になるくらい、いいだろ?」

アスカ「……」

シンジ「時間も短いから、綾波の電話代だって、大したことないだろうし」

アスカ「……」

シンジ「それに―――」
アスカ「―――黙って」

シンジ「……え?」

208 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:26:01.69 3n4jki2OP 80/100
アスカ「分かった、全部分かったわ、そういうことなのね」

シンジ「アスカ……?」

アスカ「もう、ほんと、あのバカ。思考回路どうなってんのよ」

シンジ「アスカ、一体なにが」

アスカ「知らない。バカとバカとで大バカやってるっていう話でしょ」

シンジ「なんの話だよ」
アスカ「いいから、さっさとご飯作りなさいよ!!」

シンジ「え、わ、わかったよ。もう、なんなんだよ……」
アスカ「……はぁ」

211 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:28:41.51 3n4jki2OP 81/100
アスカ「……」ゴソゴソ

アスカ「……」

アスカ「……」

アスカ「……」ピッ

アスカ「……」

アスカ「……」

アスカ「……もしもし」
『……』

214 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:31:10.39 3n4jki2OP 82/100
アスカ「バカファースト?」
『……ええ』
アスカ「アンタって、ほんとバカね」
『……』
アスカ「アンタのやってること、ぜーんぶ! 無駄!」
『……』
アスカ「……アンタの電話じゃ、バカシンジは嬉しくなんか、なんないわよ」
『……!』

217 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:33:46.55 3n4jki2OP 83/100
『……私は、間違ってる?』
アスカ「ええ、大間違い。ピクリとも正解に掠ってないわね」
『……』
アスカ「用のない電話って言うのは、無駄な電話のことを言うんじゃないの」
『……』
アスカ「その、中身がないけど、嬉しいっていうか……一緒に話すことが、目的っていうか……」
『……』
アスカ「あああああ!! アンタだってあるでしょ! バカシンジと他愛ない話をしたことくらい!!」

222 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:37:10.71 3n4jki2OP 84/100
『他愛ない、話』
アスカ「そうよ」
『……』
アスカ「……」
『……冬』
アスカ「あん?」
『碇君が、私に……冬が似合うって言ったわ』
アスカ「……ふぅん」

225 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:41:39.69 3n4jki2OP 85/100
アスカ「そういう話をすればいいよ」
『……弐号機の人も、他愛ない話は、嬉しい?』
アスカ「まぁ、悪くはない……っていうか、その弐号機の人っていう呼び方、止めなさいよ」
『……』
アスカ「私も、あんたのこと、ファーストじゃなくて、レ……レイって、呼ぶから」
『……』
アスカ「だから、あんたも、私のこと……」

228 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:43:53.72 3n4jki2OP 86/100
『……』
アスカ「その……」
『……アスカ』
アスカ「……!!」
『……』
アスカ「……な、なによ」
『ありがとう』プツッ

233 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:46:12.87 3n4jki2OP 87/100
アスカ「……はぁ」
アスカ「……」

アスカ「……なに、緊張してんだろ、私」
アスカ「……」

アスカ「……慣れあいとか」

アスカ「……」

アスカ「馬鹿らしいって、思ってたのに」
アスカ「……」

アスカ「一人が好きって、一人で大丈夫って、そう思ってたはずなのに」

236 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:50:52.85 3n4jki2OP 88/100
アスカ「……」

アスカ「……」

アスカ「……嬉しい、か」
アスカ「……」

アスカ「……」

アスカ「……」
アスカ「後は、アンタたちで勝手にしなさいよ」

アスカ「バカシンジ」
アスカ「……バカ、レイ」

239 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:53:03.03 3n4jki2OP 89/100
シンジ「……!」ブルブル

シンジ「……電話だ」

シンジ「……」

シンジ「綾波!?」
シンジ「また、どうして……」

シンジ「……」ピッ

シンジ「もしもし」
『……』

243 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:55:15.87 3n4jki2OP 90/100
シンジ「……綾波、だよね」
『……』
シンジ「どうしたの、なにか伝え忘れ?」
『……』
シンジ「……」
『……』
シンジ「……綾波?」
『…………今日は少し、風が強かったわ』

249 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 22:58:04.43 3n4jki2OP 91/100
シンジ「……え?」
『……』
シンジ「……えっと」
『……初号機って、紫色なのね』
シンジ「……うん」
『……』
シンジ「……」

251 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 23:00:48.36 3n4jki2OP 92/100
『……分からないの』
シンジ「え?」
『なにを話せばいいのか、分からない』
シンジ「……そっか」
『……』
シンジ「じゃあ、綾波は、どうして僕に電話してきてくれるの?」
『……』

253 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 23:03:07.40 3n4jki2OP 93/100
綾波「なぜ」

綾波「……」

綾波「なぜ、私は碇君に電話するの」
綾波「……」

綾波「……」
綾波「会話」

綾波「……」

綾波「音」
綾波「……」

綾波「…………声」

255 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 23:05:55.53 3n4jki2OP 94/100
『……声』
シンジ「え?」
『碇君の声、聞きたいから』
シンジ「……!」
『安心、するから』
シンジ「……そう、なんだ」
『……』
シンジ「……」

259 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 23:09:27.65 3n4jki2OP 95/100
シンジ「僕も」
『……』
シンジ「僕も、もっと、綾波の声が聞きたいよ」
『……』
シンジ「もっと、色んな事を話してみたい」
『……』
シンジ「綾波のこと、知りたいんだ。……もっと、もっと」
『……』

261 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 23:11:36.26 3n4jki2OP 96/100
シンジ「……」
『……』
シンジ「……あの―――」

ガチャ

「―――ただいまー」
シンジ「!」

シンジ「ミサトさん、帰ってきた……」

267 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 23:13:43.10 3n4jki2OP 97/100
シンジ「……ごめん、早くご飯、作らないと」
『……ええ』
シンジ「……」
『……』
シンジ「こ、今度は、僕の方から、電話するから!」
『……!』
シンジ「また、ゆっくり話そう。……それじゃ」
『……ええ』プツッ

269 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 23:16:14.85 3n4jki2OP 98/100
シンジ「……」プルプル
シンジ「……ははっ、手が震えてる」

シンジ「……」

シンジ「心臓も、ドクドクいってるし」

シンジ「足だって、ガクガクする」

シンジ「……」

シンジ「……でも、嫌じゃない」

シンジ「嫌じゃ、ないんだ……」

271 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 23:18:24.42 3n4jki2OP 99/100
綾波「……」トクトク
綾波「……」

綾波「……鼓動が、早いわ」

綾波「……」

綾波「体の不調」

綾波「……」

綾波「では、ないのね」

綾波「……」
綾波「これが、きっと、嬉しいという気持ち」

272 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/11/27 23:20:42.09 3n4jki2OP 100/100
綾波「……」

綾波「……携帯電話」

綾波「……」

綾波「……」
綾波「いつでも、聞こえる」

綾波「いつでも、話せる」

綾波「……」

綾波「……」
綾波「……いつでも、一緒」

終劇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする