【碇シンジSS】ゲンドウ 「乗るなら早くしろ、でなければ帰れ」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 02:07:17.95 cGtzzCsI0 1/31
シンジ「じゃあ帰る」

ゲンドウ「そうか」

シンジ「それじゃあ帰ります。お邪魔しました」

リツコ「またいつでも来なさい」

日向「コーラ持ってくかい?」

青葉「あ、メアド交換しとこうぜ!」

マヤ「あ、私も私も」

冬月「気を付けて帰るんだぞ」

シンジ「はい」

11 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 02:10:39.11 cGtzzCsI0 2/31
シンジ「それじゃあ、……えーっと」

レイ「綾波。綾波レイ」

シンジ「ああ。また会う事があったらよろしくね、綾波」

レイ「ええ。さよなら」

シンジ「みなさんも、お元気で」

ゲンドウ「……」

シンジ「次の電車、何時だったかな……」

ミサト「……ちょっと待ちなさい、シンジ君!」

18 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 02:14:01.31 cGtzzCsI0 3/31
シンジ「え?何ですか?」

ミサト「どうせだから駅まで送ってくわよ。遠いし」

リツコ「こら!またアナタはそうやってサボろうとして……」

ミサト「良いじゃない別に~~」

リツコ「まったくもう」

マヤ「じゃあ、ついでに買い出し行ってきてくださいよ」

青葉「そうっすよ。超熟と卵もうすぐ無くなりそうですよ」

ミサト「ええ!?まあ、良いけど。じゃあシンジ君、行きましょう」

シンジ「はい!」

ゲンドウ「……」

26 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 02:17:31.18 cGtzzCsI0 4/31
シンジ「それじゃあ、改めてみなさんさようなら」

青葉「おう!また来いよ!」

マヤ「後でメール送るからね!」

冬月「俺もメールの使い方覚えなきゃなぁ」

日向「シートベルト、ちゃんと締めるんだぞ!」

レイ「さよなら」

シンジ「はい!ありがとうございました!」

ゲンドウ「……」

ゲンドウ「……シンジ」

29 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 02:20:56.60 cGtzzCsI0 5/31
シンジ「何?父さん」

ゲンドウ「……」

シンジ「……?」

ゲンドウ「……シンジ」

シンジ「……うん」

ゲンドウ「……」

シンジ「……」

ゲンドウ「……朝ごはんは、毎日ちゃんと食べるんだぞ」

シンジ「分かったよ父さん。ありがとう」

ゲンドウ「ああ。健康は大事だ」

シンジ「それじゃあ、また連絡するね」

36 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 02:24:46.54 cGtzzCsI0 6/31
ミサト「それじゃあ、先行って車で待ってて」

シンジ「はい!」

リツコ「ネルフの中で迷子にならないようにね!」

シンジ「大丈夫です!警備員さんに地図貰いましたから!」

マヤ「じゃあねー!」

日向「元気で!」

青葉「勉強とか頑張れよー!」

シンジ「はい!お邪魔しました!」

42 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 02:29:32.56 cGtzzCsI0 7/31
車の中
シンジ「……」

ミサト「どうしたの?ボーっと外なんて見ちゃって」

シンジ「え?あ、いや、あの使徒っての大きいなーと思って」

ミサト「ああ。ね、大きいわよね」

シンジ「ああいうのって自立出来るんですね」

ミサト「意外と軽いのかもしれないわね」

シンジ「でも軽いと風で飛ばされたりしません?」

ミサト「そこは、ほら、不思議な力で地面に貼り付いてるのよ」

シンジ「ああ、なるほど~。……あ、ビーム出した」

49 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 02:34:18.27 cGtzzCsI0 8/31
車中
ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……音楽とか掛ける?」

シンジ「何があるんですか?」

ミサト「環境音楽とテクノ。あと落語」

シンジ「じゃあ環境音楽で」

ミサト「おっけー」
カーラジオ『~~~♪~~~』
シンジ「……あ、海の音ですね」

51 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 02:37:56.85 cGtzzCsI0 9/31
車中
カーラジオ『~~~♪~~~』
ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……海」

シンジ「え?」

ミサト「……最近行ってないなぁ、と思って」

シンジ「ああ、僕もです」

58 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 02:41:45.80 cGtzzCsI0 10/31
車中
ミサト「海ってさ」

シンジ「はい」

ミサト「いざ行くと何して良いか分かんないよね」

シンジ「ああ、分かります」

ミサト「何かはしゃいだなぁ、ってのは覚えてるんだけど」

シンジ「はい」

ミサト「具体的に何やってたかちゃんと思い出せないんだよね」

シンジ「そうですね」

ミサト「……海、行こうかなぁ」

シンジ「……あ、またビーム」

64 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 02:45:28.23 cGtzzCsI0 11/31

ミサト「さあ、着いたわよシンジ君」

シンジ「すみません送ってもらっちゃって……」

ミサト「良いのよ!私もサボりたかったし」

シンジ「アハハ」

ミサト「もうちょっとで電車来るみたいだから、ちょっと待っててね」

シンジ「はい!」

ミサト「……さてと、私も急がなきゃなぁ」

68 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 02:49:30.12 cGtzzCsI0 12/31
シンジ「ああ、使徒とか大変そうですもんね」

ミサト「あ、うん、それもあるんだけどね」

シンジ「はい」

ミサト「使徒来てるから、スーパー閉まっちゃうかもしれないし」

シンジ「あ、なるほど」

ミサト「卵と超芳醇とコーンフロスティ買わなきゃいけないからさー」

シンジ「あれ?超熟じゃなかったですか?」

ミサト「え?そうだっけ?」

シンジ「はい、たしか」

ミサト「……ちょっとリツコに確認してみる」

72 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 02:54:29.36 cGtzzCsI0 13/31
ミサト「……」

電話『Prrrrr』

ミサト「……」

電話『Prrrrr』

ミサト「……うーん、出ないなぁ」

電話『Prrrrr』

ミサト「……」

シンジ「……」

電話『Prrrrr』

ミサト「……使徒のアレで忙しいのかしら」

シンジ「……あ、またビーム出した。凄いなぁ」

電話『Prrrrr』

75 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 03:01:00.83 cGtzzCsI0 14/31
ミサト「……」

電話『Prrrrr……ピッ!』

リツコ『もしもし?』

ミサト「あ、もしもしリツコ?何やってたの?早く電話取ってよ」

リツコ『ゴメン。マナーモードにしてた。それで、何?』

ミサト「いや、買い出しの事なんだけどさ、買ってくるのって超熟だっけ?超芳醇だっけ?」

リツコ『超熟よ。八枚切り』

ミサト「ああ、そうだっけ?おっけー。すぐ戻るね」

リツコ『早くしてよ?副指令、もう器に牛乳入れて待ってるんだから』

ミサト「はいは~い」

電話『ピッ!』

シンジ「……あ、飛行機落ちた」

ミサト「ありがとうシンジ君!超熟で合ってた」

シンジ「ホントですか?それは良かった」
81 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 03:05:16.72 cGtzzCsI0 15/31
シンジ「……そう言えばミサトさん」

ミサト「ん?何?」

シンジ「僕って確か、あのエヴァとか言うのに乗る為に呼ばれたんですよね」

ミサト「そうよ。貴方にはエバーに乗る資格があるの」

シンジ「……あの綾波って子も?」

ミサト「ええ」

シンジ「……なるほど……」

ミサト「……どうかした?悩んだ顔してるけど」

92 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 03:09:52.90 cGtzzCsI0 16/31
シンジ「いえ。あのロボット、作るのにどれくらい掛かるのかなー、と思って」

ミサト「ああ、気になるよね。まあ、エバーはロボットじゃないんだけど」

シンジ「高いんですよね」

ミサト「私の給料じゃちょっと手が出しにくいわね」

シンジ「そういうのを中学生に動かさせるって大丈夫なんですか?」

ミサト「うーん、まあ、君たちしか乗れない設定だからさー」

シンジ「修理代とかも結構掛かりますよね」

ミサト「掛かる掛かる。もう大変なんだから」

103 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 03:14:52.82 cGtzzCsI0 17/31
シンジ「それで、一体幾らくらいなんですか?」

ミサト「当ててみる?はい、電卓」

シンジ「う~ん、じゃあ、このくらい?」カチャカチャ!

ミサト「ああ、もっと高いなぁ」

シンジ「ええ!?じゃあ、……これくらい」カチャカチャ!

ミサト「残念。もっともっと」

シンジ「うーん、じゃあ、思い切って……、これくらいですか!?」カチャカチャ!

ミサト「あ、それは思い切りすぎ」

109 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 03:18:41.75 cGtzzCsI0 18/31
シンジ「ええ?じゃあ、これくらいかな?」

ミサト「お、そうそう、大体それくらい」

シンジ「うわー、すごい額ですね」

ミサト「そうねー。正直ドン引くよね」

シンジ「ビルゲイツとかなら買えますかね」

ミサト「ジョブズとかね。でも買っても使えないし」

シンジ「見世物として運用出来るんじゃないですか?」

ミサト「採算は取れないんじゃないかなー」

117 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 03:24:53.34 cGtzzCsI0 19/31
シンジ「……あ、電車来ましたね」

ミサト「ホントだ。そろそろ私も行かなきゃ」

シンジ「それじゃあ、今日は色々とありがとうございました」

ミサト「ええ。また使徒が来てない時にでも遊びに来なさい」

シンジ「はい!是非!」

ミサト「じゃあ、気を付けて帰るのよ。使徒のビームとか」

シンジ「はい!」

ミサト「……あ、それと」

シンジ「……何です?」

ミサト「碇指令、あなたのお父さんから、伝言よ」

118 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 03:28:15.23 cGtzzCsI0 20/31
シンジ「……父さんから?」

ミサト「あなたが車で待ってる間に、受け取ったの」

シンジ「……」

ミサト「それじゃあ、読み上げるから」

シンジ「はい」

133 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 03:34:57.40 cGtzzCsI0 21/31
ミサト「……『シンジへ』」
ゲンドウ『今日ははるばる遠い所まで済まなかった』

ゲンドウ『学生のお前にとっては電車代も大変だっただろう』

ゲンドウ『お小遣いをいつもより多めに振り込んでおく』

ゲンドウ『だが、無駄遣いはしないように気を付けろ』

ゲンドウ『あと、今日見たエヴァンゲリオンの事だが』

ゲンドウ『友達に自慢するのも程ほどに』

ゲンドウ『自慢ばかりしていると嫌われる事もある』

ゲンドウ『また見たかったらいつでも来なさい』

ゲンドウ『年末はそちらに帰ります』

ゲンドウ『父より』
ミサト「以上よ」

146 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 03:40:16.58 cGtzzCsI0 22/31
シンジ「……まったく、父さんは」

ミサト「シンジ君……」

シンジ「相変わらず口下手なんだから」

ミサト「家族にもそうなの?」

シンジ「はい。職場でも無口みたいで、逆に安心しました」

ミサト「そうね。私も碇指令が談笑とか、あまり想像出来ないわ」

シンジ「アハハ!……あ、そろそろ電車が」

ミサト「あらやだ。ほら、急いで急いで」

シンジ「はい!それじゃあ、また来ます!父にもそうやって伝えといて下さい!」

ミサト「分かったわ!それじゃあね!」

シンジ「はい!」
156 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 03:45:29.18 cGtzzCsI0 23/31
こうして、シンジは第3新東京市を後にした

この後、再びシンジがこの町を訪れ
エヴァに試乗してみたら使徒が襲来したり
ドイツから来た少女アスカと出逢ったり
葛城ミサトの家に四人で同居する事になったりと色々あるのだが
それはまた別の話である。    終わり

158 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT… – 2012/10/26 03:46:18.03 UT7JgW5G0 24/31
終わっちゃったwwwww

160 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 03:46:59.28 CP/f/umo0 25/31
サキエル「おいカメラ止めろ」

162 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 03:47:19.58 stUnuJCi0 26/31
サキエルさんこのまま返ったのか

168 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 03:48:59.83 cGtzzCsI0 27/31
ごめん
正直サキエルの事忘れてた
そして特に何も考えてなかった

あと、四人ってのはシンジ、ミサト、アスカ、ゲンドウの事です
ペンペンはペットなのでカウントしてません

170 : 以下、名無しにかわりましてVIP… – 2012/10/26 03:49:31.18 stUnuJCi0 28/31
ゲンドウとミサトが同居…だと…!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする